【IPAチャンネル】韓国で不動産買って、長期滞在・永住する方法(鈴木vol.307)

最近、日本の若い世代(の一部?)の国際感覚が素晴らしく進化して、オリンピックでも力が十分発揮されてますね。私(鈴木)も20代から海外に出てチャレンジしてきた方だと自負してますが、今の若者は10代から平気で、計画的に海外に渡り、自らの可能性にチャレンジしています。素晴らしいです。
 
その流れを考えると、たとえば日本の若者がK-Popを目指して単身韓国に渡る、みたいな動きも当たり前になってくるのでしょうね。
 
K-popがきっかけであれ何であれ、日本国籍者が韓国に長期滞在するには当然ビザが必要です。韓国に滞在するためのビザは数多くの種類がありますが、その中に、「韓国政府が指定する地域で、一定額以上の不動産を買ったら、韓国に継続的に滞在できるビザが得られる」制度があるので、私が理解できた範囲で、それを紹介いたします。
 
ビザは2種類があります。
 
F1ビザ(就労・ビジネスはできないが長期滞在はできる)
F2ビザ(韓国内での就労・ビジネス自由。ビザを維持すれば5年後に永住権申請の道も開ける)
 
F1は2億ウォン(約1900万円)、F2は5億ウォン(約4500万円)からの不動産購入で申請できるチャンスがあります。
興味ある方は、弊社までお問い合わせくださいね。

————–
海外不動産に関しても、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら