International Property Agent

IPA 国際不動産エージェントとは

私たちは、国際不動産の専門家であると同時に、
海外不動産が好きでたまらない「海外不動産オタク」です。
世界70ヶ国をカバーし、
21ヶ国の取扱実績によるノウハウを活かした総合的なサポートで、
投資家の皆様のプラスを生み出します。

Expert

Takahisa Ichikawa

海外不動産エキスパート:市川隆久

独自の不動産マーケティング理論を組み合わせた分析を武器に、29ヵ国88都市の不動産を視察グローバルなビジネスを展開中。

Geek

Manabu Suzuki

海外不動産 オタク:鈴木学

海外不動産を知りたくて10ケ国の言語を習得。語学力とITを駆使した物件遠隔管理ノウハウを活かして優良物件を仕込み中。

Service

IPA 海外不動産プロフェッショナルサービス

買いたい!売りたい!運用したい!全てのニーズにお応えします。

スピーディな情報提供はもちろん、現地価格での正当なお取引をさせていただきます

詳しく見る

「投資は売却時(出口)も重要」と考えたご提案をさせていただき、購入時同様、売却時もしっかりサポートいたします

詳しく見る

IPAは物件売買だけでなく、海外不動産所有の投資家向けの物件管理・運営などアフターサービスの充実にも力を入れています

詳しく見る

ここが知りたい!

海外不動産の「税金」「融資」

Q海外でセカンドハウスを持つと、税金はどうなるの?

A個人名義で海外セカンドハウスを保有される場合、物件所在国と日本とで、いずれも確定申告義務が発生します。
固定資産税は現地国へ、所得税は現地国および日本へ納付することになります。
但し所得税分に関しては、世界中ほとんどの国は日本と租税条約を結んでいるので、ダブルで支払うことはありません。

Q現地で税務申告をする場合は、どうしたらいいの?

A現地の税理士に申告をお願いすることになります。相場は国を問わず、年間数万円程度です。弊社から推薦できます。

Q不動産を購入する国で、銀行融資は受けられますか?

A国によります。アメリカ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、スペインなど、欧米の国では現地融資が受けやすい傾向にあります。
現地国からみて、外国人への融資を寛容に認める時期と、引き締められる時期がありタイミングによるところもあります。

Network

取り扱いが可能な国と実績

21ヶ国の実績を含む
世界70ヶ国の海外不動産取引をサポート

フィリピン

ベトナム

ジョージア

カンボジア

カナダ

インドネシア

フランス

日本

ドイツ

アメリカ

ラトビア

オーストラリア

マレーシア

タイ

エストニア

イギリス

ラオス

北キプロス

スペイン

ミャンマー

モンゴル

オーストリア
チェコ
ハンガリー
ギリシャ
ロシア
ポルトガル
イタリア
ベルギー

ブルガリア
アイスランド
マルタ
オランダ
ポーランド
ルーマニア
スイス
スウェーデン
ルクセンブルク

南キプロス
キルギス
カザフスタン
ウズベキスタン
アラブ首長国連邦
カタール
レバノン
サウジアラビア

インド
バングラデシュ
ブルネイ
シンガポール
中国
香港
台湾
韓国

メキシコ
パナマ
ケイマン諸島
ベリーズ
ブラジル
チリ
バハマ
アルバ

ドミニカ
コスタリカ
ジャマイカ
トリニダードトバゴ
ニュージーランド
ガーナ
モーリシャス
南アフリカ

Accountant

税理士/PB向けプログラム

お探しの海外不動産物件、IPAにお任せください

国内の投資家が海外不動産投資に向かう背景と動機とは?
近年海外不動産投資への注目度が高まりを見せ、今後も増加傾向にあると予測されています。
海外不動産分野において多くの実績、圧倒的な情報量とネットワークを誇るIPAを、貴社のサービスの一環としてご活用ください。

詳しくみる

Media

Seminar セミナー情報

オンラインセミナー随時開催しております

Content

海外不動産に関するお役立ち情報をリアルタイムで更新しています