【IPAチャンネル】高度人材ポイント制を解説。優秀なら1年で日本の永住権が取れる!(鈴木vol.274)

欧米先進国の永住権申請が厳しくなる一方で、超優秀なビジネスマン、先端技術の研究者、エンジニア等、優秀な人材の争奪戦はグローバル規模で激化するばかり。

今日の経済は、過去のどの時代にも増して技術、知識、ノウハウの重要性がますます高まり、「一人の天才が何十万人を養う」時代。もちろん教育も大事ですが、海外から優秀な人間を引っ張ってこれる能力も、国の競争力にモロ直結します。

世間にほとんど知られていませんが、日本は2012年から「高度人材ポイント制」に舵を切り、すでに1万人の高度人材が日本に受け入られています。私はいま、アメリカ人のビザをお世話しているのですが、彼は超優秀で、「高度人材ポイント80点」取れる驚異のスペックなので、最短1年で日本に永住できるチャンスがあります。

しかも、ビジネスマンの場合、ポイント加算において日本語能力は不問。英語でビジネスできて、かつ優秀なら、制度上は簡単に日本永住できるのです。

まずは知ることが大事です。

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら