【IPAチャンネル】1月20日アメリカが軍政に移行、合衆国会社を解体。3月4日共和国が150年ぶりに復活、トランプが第19代大統領に就任(鈴木vol.158)

トランプ大統領任期、残すところあと2日、水面下で、このような話が出ています。 ・2021/1/20、バイデンは第46代大統領に就任しない。

・トランプも第45代大統領としての任期が終わるため、次期大統領には就任しない
・いま、皆がアメリカ合衆国だと思っている政府は、実はアメリカ合衆国会社という法人組織であり、これは1/20時点で大統領が決まらないことで自動的に解消になる
・それにより、政府の空白期間が生じ、1/20以降当面の間、この国は米軍によって統治される。
・1/20から3/4の間に、先の大統領選で合法的な票を得たのはトランプであることが判明する。
・2021/3/4に、ドナルド・トランプが、150年ぶりに復活した共和国の第19代大統領として就任する。

その背後に、アメリカの人々が経てきた壮大な歴史ドラマがあります。日本ではほとんど知られていない、アメリカ史の暗部「欧州金融資本家からの独立と挫折の歴史」を踏まえて このストーリーを紐解いてみます。実は夢と希望に満ちた話です。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら