【IPAチャンネル】(鈴木vol.114)GoToトラベル悪者扱い、納得できない

2020年にはじまった「コロナの世」。健康リスクもさることながら、経済環境の激変で人生を狂わされた人は、ものすごく多い。私自身も含めて…

政治家も医療関係者も、そして需要が突然消滅した航空業、観光業、飲食業、小売業の企業オーナーも従業員も、皆が苦しい。それでけでなく、「社会のなかで不利益を押し付けあわなきゃならない構図」こそが、コロナの世に生きる不条理といえます。

その典型が、「行動制限」と「経済再生」の二律背反。経済を優先すると感染拡大して死人が出るかもしれない。だからといって行動制限すると、多くの会社が廃業、経済生活できなくなり死人も出るかもしれない。まさにジレンマ…

その状況のなか、私は日本で事業活動する企業経営者として、発言します。私たちはコロナ拡大防止に貢献しながら、経済活動を継続して国民の雇用や生活を守る義務を負っています。多分私たちにしかできない義務を果たすために、言うべきことは言います。

今回はコロナ第三波のなか、GoToトラベルを継続するか一時停止するかについて、私見を述べます。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら