【IPAチャンネル】(鈴木vol.60)「3000万円で買う!必勝海外不動産」

3000万あれば、海外不動産投資の幅は大いに広がります。
主要先進国でいえば、首都は無理でも、
第二、第三の都市の好立地不動産なら視野に入ってきますし、資産価値もしっかりしています。
3000万円(30万ドル)の購入予算から逆算して、㎡単価を算出することで、
どの都市で不動産が買えるかを、知ることができます。
30万ドルで40~100㎡の物件を買うと想定して、
割り算すれば「㎡単価3000~7500ドル」の都市が視野に入ってきます。
私(鈴木学)の投資法は、
「3000万円で買える都市のなかで比較的上位にあり、かつ人口・経済が伸びている都市」を狙うことで、
「5000万円まで突き抜けて成長する」伸びしろを取っていく…
なお3000万円の価格帯は、日本で償却・節税メリットが得られると宣伝する業者が、
「自社利益たっぷり乗せた割高物件」をたくさん売ってる価格帯。
そんなもの買うと損してしまうので、注意しましょう。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら