【IPAチャンネル】(鈴木vol.59)「地方でも良い物件は値上がって売れる」

日本で地方といえば、一般に人口減少、産業衰退のイメージが強く、
不動産価値が上がるイメージがなかなかできませんが、

でも、「地方」を都市規模別に3つに分類すると、これまで気づかなかった可能性が見えてきます。

1)Metro(政令指定都市クラス)
2)準Metro(県庁所在地クラス)
3)Regional(小都市、農山漁村)

ここ10年ほど、東京の地価上昇に伴い、地方のMetro各都市の不動産価格は上がりました。今後も上昇し続けそうです。

それに準ずる「準Metro」各都市は、まだ地価上昇が始まったばかりで、土地を安く買って高い利回りで新築できます。

準Metroのなかで、良い場所を選び、競争力ある賃貸物件を建て、
10年間、満室近い安定経営をすれば、値上がって売却できるチャンスは十分あると考えます。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら