【IPAチャンネル】いつ改憲する?今でしょ!(鈴木vol.255)

これまで、日本国の憲法には緊急事態宣言の条項がありませんでした。だからコロナ感染症のような公衆衛生上の危機に関して、憲法に規定もなく、それに準拠した法律も整備してないため、政治家も行政も、超法規的措置しか取れませんでした。

コロナとの闘いにおいて、日本国民は大変勇敢に、賢く戦っています。ただコロナが去っても、国家としての危機はいつでも起こります。すでに台湾や尖閣をめぐる緊張など、危機が顕在化しています。首都直下型地震や南海トラフ地震が起こる可能性もあります。

コロナで危機管理の重要さを学んだ今こそ、我が国の憲法を変えて、緊急事態宣言について規定し、関連法制を整備すべきだと思います。中国や北朝鮮のある、東アジアにおいて日本が民主的な法治国家である意義はとても大きいです。超法規的措置に頼らず、危機管理のルールを法律で決めて、法治国家のプライドを示すチャンスでもあります。

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら