【IPAチャンネル】グローバリズム最前線レポート!中国からアメリカの仕事を奪いに来た男(鈴木vol.224)

私鈴木は30代の頃、まさにグローバリズムの最前線にいました。日本人ながら、アメリカと中国の労働や利害関係がせめぎあう現場で働きました。

2005年に、中国・大連で就職して、アメリカ・ノースカロライナに長期出張した当時の私のミッションは、ずばり、「アメリカ人の職を奪い、中国に持ってくる」ことでした。出張に先立ち、アメリカ人社員5名が解雇され、その仕事を中国・大連で私の率いる3名のチームで引き継ぐことになったのです。

首になったアメリカ人社員が、テキサスのダラスに移っていく日、私は見送りにいきましたが、ピックアップトラックに家財道具を詰め込んで、20時間近くかかるダラスまで長躯ドライブの旅に出ていきました。その後ろ姿に、アメリカの魂を感じました…

嗚呼、非情なりグローバリズム!

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら