【IPAチャンネル】トルコリラ暴落とイスタンブール不動産事情(鈴木vol.219)

トルコ最大の都市イスタンブールは、世界で唯一、アジアとヨーロッパにまたがる正真正銘のオンリーワン都市。「文明の交差点」「世界の都」「世界に二つとない都市」、そして人口1500万人を擁する、ロンドンやパリより巨大な都市でもあります。2019年に開業したイスタンブール新国際空港は世界最大級。普通考えて、ここまで魅力ある大都市の不動産が安いわけありませんが…

そのイスタンブールが属する国・トルコは通貨リラが弱く、「永遠に価値が下がる通貨」と揶揄されるほど。過去に何度も大暴落をやらかしています。2005年時点で100円近かったのに、2011年に55円、その後も40円台、30円台とじりじり下がって、2016年の大暴落で一気に28円、2018年には一気に17円まで大暴落。2020年にも暴落局面があって12円前後になり、今も12~14円の間を低空飛行しています。

通貨安がここまで酷いと、イスタンブールの不動産も安く買えるチャンスがあるでしょうか?

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら