【IPAチャンネル】東京じゃなくて北京五輪が大ピンチ(鈴木vol.204)

日本に居ると、今年7月の東京五輪の開催を危ぶむ声が聞こえてきますが、私が情報収集・分析する限り、間違いなく開催されると思います。IOC、JOC、日本政府、東京都政…誰もが開催の方向で進めており、また欧米諸国からは東京での開催を問題視する声が聞こえてこないからです。すでに世界各国でワクチン接種がスタートして感染者数が減っているのも東京開催に有利に働きます。

開催がピンチなのは、むしろ来年2月の北京冬季五輪の方。人権問題が最大のネックですね。中国共産党によるウイグル人など少数民族の扱いはすでに、アメリカ、カナダ、オランダの議会でジェノサイド(民族大量虐殺)認定されており、他の欧米各国も追随しそう。

アメリカはすでにIOCに開催地変更を求め、それが無理ならボイコットする勢いです。欧米圏のボイコットが相次いだら、日本も決断を迫られます。アフガン侵攻に抗議する自由主義陣営がことごとく不参加だった1980年モスクワ五輪の再現もありえますね。それでも中国は絶対に開催するでしょうが‥ 隣国として中国とは付き合いつつも、いまの時代にふさわしい自由、民主、人権の価値観を共有する意味で、日本人は欧米側のスタンスを取るべきだと私は思います。

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら