【IPAチャンネル】就任翌日に弾劾食らった大統領、青い目のサムライ・新人女性議員の勇気(鈴木vol.168)

「始まる前から終わってるバイデン政権」…分断のすすむアメリカで、大統領就任当初から難問が続きます。中南米の移民問題、パイプラインをめぐるカナダとの外交問題、そして何より、数多くのアメリカ人や議員に「正当な選挙で選ばれてない大統領」と思われていることが根本的な問題。正統性に難ありの政権なのです。

だいたい、就任翌日に早くも弾劾を食らうというのが前代未聞ですね。弾劾を発議したのが、ジョージア州選出の共和党下院の新人・マージョリー・テイラー・グリーン議員。就任前から、「バイデンを弾劾する」と公言して、それを有言実行しました。

この弾劾案が通る可能性は限りなくゼロですけど、でも政治生命や立身出世を顧みない、大手メディアの罵詈雑言やレッテル貼りにめげない、勇敢な行動に拍手を送ります。これこそ、「青い目のサムライ」の面目躍如ですね。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら