【IPAチャンネル】アメリカの選挙不正が、イタリアで行われていた話(鈴木vol.141)

2021年1月6日ワシントンDC。運命の日。歴史が変わる瞬間が、目前に迫ってきました。トラさんが、「選挙不正のすごい証拠が出るよ」とツイートしてた件は、もしかしてこれかもしれませんね。

アメリカのいくつかの激戦州の選挙データは、ドミニオン集票システムを通じて、ドイツ・フランクフルトを経由して、イタリア・ローマの米国大使館に送られ、そこで選挙結果を操作するアルゴリズムが運用されていたという話が、CIA内部告発者によって明らかになりました。

イタリアでつくられた選挙データは、軍事衛星経由で、アメリカ激戦州のドミニオンサーバーに送られ、バイデンに僅差の勝利をもたらしたと…トラさんはイタリア情報局から、すでに情報を入手しているという話。

まさにグローバル選挙乗っ取りクーデター、「イタリアゲート事件」。 連座したのは次の面々だったよう。

・駐イタリア米国大使
・イタリアのRenzi元首相
・Leonardo社
・CIA
・アメリカ国務省、ステファン・セラフィニ
・オバマ前大統領

「アメリカ選挙への干渉が明らかになった場合、外国の企業や個人に制裁を与える」2018年大統領令を、トラさんが発動するなら、その最初の対象国はイタリアになりそうです。アメリカ政府による過酷な制裁が、イタリアおよび、連座したメンバーに与えられるでしょう。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら