7/31 無料オンラインセミナー「大都市シカゴ! 30万ドル台で買える都心区分&一棟アパート」

アメリカではコロナになってから、居住用不動産の需要爆発が起こり、各都市で極端な品薄になり、価格高騰が起こっています。シカゴも例外ではありません。それでも、大都市にしては割安水準。エリアも広く多様で、30万ドル台の予算内で投資に適した物件が見つかりやすい都市・シカゴに今こそ注目しよう!

 

超大国アメリカで、見事な摩天楼を持つ都市はたった2つ…ニューヨークとシカゴです。ミシガン湖に面したシカゴ都心部は、ウィリス・タワー、ジョン・ハンコック・センターをはじめ、天を衝くような高層ビルで満たされています。

シカゴは面白いことに、世界の主要都市のなかで、不動産価格が最も割安な都市として知られています。

シカゴもコロナ後、不動産価格は高騰し、中古住宅の在庫も払底気味です。ただ、ここ10年間の不動産価格の伸びが、他の大都市と比べて緩やかだったのです。全米の今の不動産価格水準はリーマンショック前ピークを大きく上回っていますが、シカゴはまだそうなっていないのです。

今なお、収益不動産仕込みのチャンスにあふれるシカゴ。セミナーでは、30万ドル前後で買える「都心部コンドミニアム」と「空港近くのアパート」を中心に、特選物件を紹介します。

開催日時:日本時間 2021年7月31日(土) AM10:00~11:00 参加費無料

お申込み期限:日本時間 7月31日 AM9:00まで。
お申込み後、入力いただいたEmailアドレスへセミナー参加リンクをお送りします。
開始時間になりましたらアクセスをお願い致します。
iPhoneなどPC以外のディバイスでのご利用には、事前にZOOMアプリのインストールが必要になります。
ZOOMのご利用が初めての方は動作確認を事前にされることをお勧め致します。
開催まで1時間を切った場合はお問合せよりご連絡をお願いします。
※ご登録メールアドレスは、hotmail、yahooアドレス以外でお願い致します。
サーバーにて受信拒否される場合が多く、弊社からの返信や案内のご連絡が届かない場合がございます。

お申込みはこちらから

講演者:デローネ岡本あゆみ さん
コンパス不動産

東京・駒澤大学を卒業後、渡米、シカゴ在住。イリノイ州不動産売買ブローカーライセンスを取得し、2014年より現職。2019年に不動産取引で4千万ドル近くの売上高を上げるグループの主力として活躍。シカゴ市内と近郊での賃貸、売買、投資物件の紹介から契約に至るまで、迅速かつきめ細かなサービスでお客様のニーズに合わせてサポート。イリノイ州不動産協会より、シカゴ日本領事館リエゾンに任命され、グローバルに活躍中。