【IPAチャンネル】日本の若者はなぜ自民党支持なのか?(鈴木vol.374)

今回は衆院選の結果とからめて、なぜ日本では世代が若くなるほど自民党支持が多いのか?自民党と対立する立憲共産党の支持層はなぜ高齢者に偏っているのか、私(鈴木)独自の視点で語ってみます。キーワードは3つ

1)ヤング⇒ネット保守
2)シルバー⇒テレビ左翼
3)メディアの分断、世代の分断

昔の若者は普通に左翼だったのに対し、今の若者は普通に保守中道で、一見遊び人のJKでも普通に自民党に投票するという感じです。

いまの日本の若者に極端に攻撃的な人は少なく、比較的バランスの取れた、常識的で穏健な保守が多い。日本が好きで外国に興味がない。テレビ嫌いで、日本の先行きにはシビアな見方。いま年金生活している高齢者を冷ややかな目でみています。

そんな若者が支持するのは、アベノミクス時代に若者の職場をたくさんつくってくれた自民党です。左派リベラル政党が分配とか命が大事とか、ジェンダー平等、環境とか言っても、若い層には響きません。理念より現実重視、明日のパンが大事な世代なのです。

ご質問・メルマガ登録はこちら