【IPAチャンネル】名古屋に次ぐ、東海3県第二位の都市バトルー岐阜vs四日市vs豊橋(鈴木vol.322)

東海三県(愛知、岐阜、三重)では、名古屋市が圧倒的な存在感を示していますが、名古屋に次ぐ第二の都市はどこ?と言われると、言葉に詰まってしまいますね。名古屋以外は似たようなサイズの中堅都市ばかりで、飛び抜けた都市が見当たりません。そこで、バトルのルールを考えました。

【東海第2の都市バトル】のルール
1)岐阜、三重、愛知の各県から、それぞれ一つづつ代表都市を出す。
2)愛知県はもちろん、名古屋以外の都市を出す。
3)都会度アイテムの他、総合的な都市力データから、勝者を決める。

その結果、選ばれたのは、次の3都市

【東海第2の都市バトルー候補者決定】
岐阜代表:岐阜市 (県庁所在地、JR・名鉄総合駅の都会度で勝負)
三重代表:四日市市 (日本有数の工業都市、近鉄四日市の商業集積)
愛知代表:豊橋市 (新幹線、市電、私鉄が揃う街)

例をみない僅差の勝負になりました。果たして、勝利の女神はどの都市に輝いたのか?

東海三県での収益不動産、興味ある方は、弊社事務局までお問い合わせくださいね。

ご質問・メルマガ登録はこちら