【IPAチャンネル】鹿児島vs那覇 日本最南端の2都対決(鈴木vol.315)

鹿児島市vs那覇市。日本の南の端にある、2大都市の都会対決企画。いずれも城下町(薩摩藩の鹿児島城と、琉球王国の首里城)として発展し、1609年には薩摩藩が琉球王国に侵攻、以後200年以上にわたって支配 – 被支配の関係にあったなど、歴史的に因縁の多い都市対決です。

両都市を比べると、
・中心地の都会的雰囲気やインフラ整備では、鹿児島市に軍配。
・人口密度や成長力、郊外への広がりでは、那覇市に軍配。

意外にも、所得水準を比べると「那覇市>鹿児島市」でした。那覇は郊外ベッドタウンの人口増加が著しく、日本の地方都市としては福岡と並ぶ、「成長期にある都市」といえます。

鹿児島県、沖縄県での収益不動産、興味ある方は、弊社事務局までお問い合わせくださいね。

ご質問・メルマガ登録はこちら