【IPAチャンネル】福岡名物「駅近&海近物件」の魅力。天神まで20分、駅徒歩7分、海そばで坪52万円の衝撃(鈴木vol.281)

全世界を襲ったコロナ禍の副産物として、リモートワークが普及し、「ワーケーション」(=ワーク+バケーション)という言葉まで生まれた昨今、住まいの場所にクオリティを求める流れは止まらないでしょう。

そういう視点で見たとき最高の立地は「きれいな海がすぐそばにあって、なおかつ都会も楽しめる」…そんなに素晴らしい場所なのに、値段がまだ安いまま放置されてる物件が、特に日本には多数存在します。

特に福岡市には、そういう物件が豊富にあります。福岡こそ「海近&駅近物件」の宝庫、値段もまだ割安です。今回検索して見つけた2物件にフォーカスして紹介します。いずれも福岡市中心部(天神駅)で電車で20分程度でいける駅の駅近です。

「JR下山門駅4分、海まで1分、1989年築、3LDK、専有面積70.93㎡、バルコニー18.41㎡、角部屋、1380万円、坪単価64.4万円」

「JR今宿駅徒歩7分、海まで1分、1989年築、3LDK、専有面積64.17㎡、バルコニー13.16㎡、1000万円、坪単価51.6万円」

こんな素晴らしい立地で、都会に近いのに、坪単価50~60万円で買えてしまうのが凄いです。特に坪300万円以下のマンションを見つけるのが難しい東京の人間からみれば、「まさに反則級の安さ」!

いつまでも、この値段で放置されるわけがないと思います。今後、ますます注目されて、値上がるでしょうね。

————–
海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください。

ご質問・メルマガ登録はこちら