【IPAチャンネル】東京・山手線5㎞圏安定資産クラブ結成!都心近くで1986年/2002年前後築の割安中古マンションを買って資産をつくる(鈴木vol.176)

「日本で家を買っても、築年が経てば資産価値は下がる一方」という通説は、首都・東京に関してはすでに過去の話になりました。

東京の不動産市場はすでに、「フロー経済からストック経済」に変貌を遂げてきています。新しくマンション建てるよりも、既存の中古マンションに人々が長年住まい続ける流れが定着し、市場流通も中古が多数を占めるようになりました。今や東京は、築年が経ったマンションでも普通に流通して、融資もつき、立地が良ければ資産価値が下がらない。欧米圏の都市に近い構造になってきています。

東京の都心近くで、すでに建て込んで土地が稀少な地域なら資産価値は確かで、今後も下がらないでしょう。この地域で1986年/2002年前後という割安な時期に完成した中古マンションを、入居者ついたオーナーチェンジの状態でお得な価格で買えれば、月々の家賃を得ながら中長期的な資産形成にもなると思います。

そこで弊社国際不動産エージェントでは、2021年2月2日から無料メルマガで「東京・山手線5㎞圏、安定資産クラブ」という企画で、毎週1回、私(鈴木学)が厳選した割安・お値打ちな物件を3つほど紹介する企画を始めました。

メルマガ登録、弊社へのご連絡、海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください!▼

ご質問・メルマガ登録はこちら