【IPAチャンネル】マスコミの反社会的行為~反面教師アメリカの悲惨~(鈴木vol.167)

今回の大統領選で、アメリカ社会の分断が決定的になったと思います。

どんな疑わしい経緯であれ、バイデンが大統領になっている現状が「アメリカの選択」なのだとすれば、この国は「国民のハーモニーをぶっ壊す選択を自らした」と言わざるを得ません。

アメリカの分断に大きな役割を果たしたのは、残念ながら「主流マスコミ」だと思います。トランプ憎しのあまり、4年にわたるネガティブ報道や人格攻撃に終始して、ジャーナリズムを放棄して、選挙における国民の知る権利、適切な情報に基づいてリーダーを選ぶ権利を奪った罪は非常に重く、それ自体が、反社会的行為だと私は思います。選挙がひとまず終わったのに、今なおトランプ支持者を「陰謀論」「カルト」呼ばわりしてるのが許しがたい。

「マスコミヤクザ」、「言論テロリスト」の名誉ある称号を、CNNはじめアメリカ大手マスコミに贈ります。今後は共産党の北京で活躍してください。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら