【IPAチャンネル】(鈴木vol.110)天才(Geek)を生かす企業経営

世の中いろんな気質の人間が居ますが、「オタク」(Geek)気質の人間は、現代の企業経営において重要な地位を占めます。

かつての工業化社会では、規格化、標準化が重んじられたので、「オタク」は冷や飯を食ってきましたが、
ネットが発達した今の経済社会では、知識・ノウハウ・ビジネスモデルが富の源泉となっており、高い知識やスキルを持つ「オタク」にも日の目のあたる時代になってきました。情報発信ツールとして欠かせなくなったYoutubeにしても、「すごく詳しい話」「他の動画と違う」ことが大事なので、オタク気質の人間に向いています。

オタクは、興味にハマれば最強です。疲れ知らずで、何も言わなくても高いモチベーションを保ちつつ、際限なくやり続けて、上達・進化し続けます。そうして得られたスキル、知識を、会社経営につないでいけば、オタク社員1人が何人分、十人分の仕事をすることだってあります。その際に大事な三原則は、

・好きにさせる
・得意分野で力を発揮させる
・欠点は皆でカバーする

こちらも併せてどうぞ。市川隆久Podcast vol.171
「これからの時代の人材活用術~天才を生かす経営とは?」▼
https://ipag.jp/podcast/11648/

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら