【IPAチャンネル】(鈴木vol.108)ハワイのコロナ勝ち組物件

観光の島・ハワイは、コロナ禍で大きな経済ダメージを受けている一方、不動産取引は相変わらず活況。価格はコロナ前と比べて下がっておらず、むしろ上がる傾向。
詳しくみると、コロナの影響で「勝ち組」と「負け組」がはっきり二極化しています。

「コロナ負け組」物件(成約数↓、販売在庫↑、成約価格↓)の特徴
・コロナ前に不自然な価格上昇があった
・単位面積あたりの管理費が割高
・ホテル運営つき

「コロナ勝ち組」物件(成約数→、販売在庫↓、成約価格↑)の特徴
・コロナ前の価格上昇が適正水準
・単位面積あたりの管理費が割安
・実需向け住宅

要するに、物件力があって、価格水準が適正で、かつ住まいとしての需要が高い物件は、コロナでも影響を受けず、資産価値が上がるのです。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら