【IPAチャンネル】(鈴木vol.92)日本の会社辞めてオーストラリアで就活した話

近年、海外での留学・就職を目指す日本の若者が徐々に増えているようです。良い傾向だと思います。 今の日本は、先進国のなかで給料水準が高い方ではないし、客観的にみて労働条件が恵まれているとも言い難い。海外で働いた方が可処分所得が高くなるとか、ワーク&ライフバランスがとりやすいとか、女性が活躍しやすい等々…メリットは大きいと思います。 私はいまから20年前、31歳の時に、日本の会社を辞めて、オーストラリアで就職活動をしました。当時、日本人でそんなことやる奴は珍しかったので、ある意味、先駆者かもしれません。 ただ私の場合、英語圏で学んだ経歴もなく、日本での職歴しかないので、渡航前、3年かけて準備しました。日本でできることは全部やって、「えいや!」と勇気を出して、オーストラリアの就活にのぞんだわけです。 現地で就職するまで、3か月かかりました。11社から不合格を食らいました。12社目でようやく拾っていただきました。 海外で就職してみたい方は、是非聞いてみてくださいね。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら