【IPAチャンネル】(鈴木vol.75)共和党エリアと民主党エリア不動産事情

アメリカは政治的に分断された国。同じ国内でも共和党支持エリアと民主党支持エリア、それぞれのライフスタイル、価値観が全く違います。
不動産の言葉でいうと、

【民主党エリアの典型例】
・大都市
・戸建 1億円
・家賃 35万円/月
・ネット利回り2~3%台
・賃借人有利

【共和党エリアの典型】
・地方(南部、中西部)
・戸建 3000円
・家賃 18~20万円/月
・ネット利回り4~6%台
・大家有利

お金持ち、専門職、パワーエリートは民主党エリアに多く、 共和党エリアは製造業や農業中心。生活コスト安く、場所によっては人口爆発して活力があります。 大統領選の動向、不動産投資には、各エリアの特徴を踏まえる必要があります。

海外不動産に関して、聞きたいこと、知りたいことなどありましたら、お気軽にお問合せください

ご質問・メルマガ登録はこちら