【IPAチャンネル】4,500万円の不動産で自分年金をつくる

土地と建物からなる不動産を、需要のある場所に持てば、
「長期にわたり価値が毀損しない土地」と、「長期にわたり賃料収入をもたらす建物」を組み合わせ、
それを運用することで、それ自体が老後資金として優れた性質を持ちます。

一生安心できる土地・建物の組み合わせは、地方都市の場合、4~500万円でつくれます!