海外不動産の困り事はIPAのドクター&レスキュー


海外不動産オーナー様のお悩みに

IPAドクター&レスキュー

 
病院で症状を診断してもらい、症状に合った薬や治療を施してもらうように、
これまでの海外不動産における経験と実績を通じて培った当社のノウハウと人脈を、
海外不動産オーナー様それぞれのお悩みに合わせて処方いたします。
 
・購入したが権利移転がなかなか終わらない、終わっているのかわからない・・・
・入居者がつかない・・・
・管理会社との意思疎通が困難・・・
・今の賃料が妥当なのかわからない・・・
・補修が必要でどうしたら良いかわからない・・・
・このまま所有するか、売却するか迷っている・・・
 
弊社が世界中を駆け巡り、これまでお客様のお手伝いをさせて頂いた実績は、
もはや海外不動産業界の中で郡を抜くもの。
その経験から培ったノウハウは、関係者の皆様に還元したい、そして海外不動産所有を
より安心且つ心にもお財布にも豊かなものとして関わっていただきたい。
という思いから開始いたしました。
日本国内においては未熟な業界であり、悩みも多い海外不動産所有ですが、
誰に相談したらよいかわからない、もうそんなことはありません。
IPAドクター&レスキューにまずはご相談ください。

 診断項目の例
・権利関係チェック
・管理運営体制チェック
・物件所在国の権利体系分析
・物件所在エリアの需給分析
・資産価値・収益性診断
・支出構造診断
・税務最適化
 
主要サービス内容及び料金
・資産購入・・・ 購入価格の3%
・融資アレンジ・・・ 1%
・権利確認/確定・・・ 実費 (別表労働単価に基づく)
・バリューアップ・・・要見積もり
・管理会社変更/入居付・・・10万円~賃料2ヶ月分
・売却・・・売却価格の3%
・Professional Link(専門家による支援体制)・・・無料
・アセットマネジメント・・・ 要見積もり
・契約書要約・・・ 実費 (別表労働単価に基づく)
・銀行口座開設・・・ 実費 (別表労働単価に基づく)
・現地レポート・・・ 実費 (別表労働単価に基づく)
⇒最適化戦略を実現する実施体制とスケジュールをご提示し、弊社コンサルタントのサービス時間を見積り、料率をかけてお客様に請求。
 
サービスの対象者
・個人または法人で不動産を所有するオーナー様(土地所有権、借地、地上権、使用権OK)
・所有不動産のなかに海外物件を最低1つ含んでいる。あるいは国内物件だけでも海外不動産購入を視野に入れているオーナー様
 
報酬体系
原則としてTime & Material(T & M)方式の契約になる。お打合せ後、作業を洗い出し、労働単価をかけてお見積して、承認後、作業してご請求。
 
労働単価(弊社内作業が前提)※仲介手数料・サポート料は別途

実施者 時間単価(税抜) 備考
シニアコンサルタント(SC) 40,000円 国内外不動産に関する幅広い知見を持ち、業界で影響力を持つトップ人材。英語可。
コンサルタント(C) 20,000円 不動産業界経験7年以上で分析力、提案力を持つプロフェッショナル。英語可。
アナリスト(A) 6,000円 不動産業界経験1年以上で資料整理・作成、議事とりまとめなどを担当。

 
実費見積課金イメージ

案件例 時間単価 備考
海外学生寮トラブルの現状確認と説明(複雑度:低) C  20,000 x 2時間 = 40,000
A  6,000 x 8時間 = 48,000
合計 88,000円
メール・電話による現地ヒアリング。分析、資料作成が主。
海外未登記物件の登記、引渡、入居付けサポート(複雑度:中) C  20,000 x 12時間 = 240,000
A  6,000 x 12時間 = 72,000
(海外出張実費 300,000)
合計 312,000~612,000円
英語できるC主導で作業。1~2泊程度の海外出張を必要に応じて実施。
国をまたぐ物件入れ替え。例)日本物件売却、海外物件購入(複雑度:高) SC  40,000 x 12時間 = 480,000
C  20,000 x 24時間 = 480,000
A  6,000 x 48時間 = 244,000
(海外出張実費 1,000,000)
合計 1,204,000~2,204,000円
初動での方針決めにSCを起用、固まったらCとA主導で作業。3~4泊程度の海外出張が必要なら実施。

 
具体的なレスキューシナリオ
日本のセミナーで海外物件の紹介を受け、売買代金の一部とサポート料を払ったが、その仲介業者が突然廃業!連絡も途絶えてしまい、塩漬けになってしまっい。現在、物件が完成しているのか、権利関係がどうなっているのか、全く分からない状態で、IPAに相談が来た。
Step 1:
IPAコンサルタントがが面談とメールでオーナー様から情報収集し、今後の流れを説明する。「必要があれば一緒に海外渡航して解決する」ことに合意を得る。
課金時間:コンサルタント2時間
 
Step 2:
IPAが日本に居ながら物件所在国の専門家(弁護士、デベロッパー、管理会社、エージェント等)から状況をヒアリングし、方針を決めた上で、オーナー様に報告。
課金時間:アナリスト6時間+コンサルタント2時間
 
Step 3:
オーナー様とIPA社員(コンサルタント)で日程をあわせて物件現地国に飛び、1泊2日で登記手続き、引き渡し、入居付けまでを実施。
課金時間:コンサルタント12時間 + 旅費交通費の実費(例.飛行機15万円、ホテル3万円+現地交通費2万円=20万円)
合計請求額
コンサルタント報酬 18時間 x (1万円+消費税) =194,400円
アナリスト 6時間 x (6千円+消費税) =38,880円
旅費交通費 200,000円
合計   433,280
 
レスキュー実績
・2018/11 オランダ・ハーグに移住した娘夫婦のマイホーム購入資金を日本から送りたい親御さんの依頼を受け、現地での不動産エージェント紹介と専門家による税務アドバイスを実施。
・2019/3 イギリス・ハダーズフィールドで完成した学生寮の引き渡しが遅延したトラブルに関し、日本人オーナーの依頼を受け、現地調査および報告を実施。
・2019/3 イギリス・ブラッドフォードの収益区分マンションを他社から紹介された日本人投資家の依頼を受け、現地調査およびセカンドオピニオンを実施。
・2019/7 イギリス・カークリーズ郡で完成・稼働間近だった収益型介護施設が、現地運営会社の倒産危機を受け、メール・電話ベースでの現状確認・報告、法律専門家紹介を実施。