10/30 無料オンラインセミナー「ヒューストンで本当に良い収益物件を紹介します」

米国テキサス州の大都市・ヒューストン。数年前から日系の業者が進出し、日本在住者向けに不動産を販売してきた街ですが、「洪水リスクエリアの物件を売るなんて信じられない!」「現地相場を知らないお客様にこんなに値段乗せて売るなんてありえない!」…不動産投資家から業者成りして、オーナー利益を大事にする者同士、意気投合しました。今回のセミナーでは、ヒューストンの魅力的な立地で、厳選した収益物件を紹介いたします。

超大国アメリカのなかで、都市圏人口規模としては、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぎ、ダラスと並ぶ、第4位の大都市「ヒューストン」。人口700万人を超え、毎年、急増中。ヒューストン~ダラス間を結ぶ「テキサス新幹線」も建設中で、経済成長の著しいテキサス二大都市がアメリカを牽引するようになるでしょう。

一言でヒューストンといっても、非常に遠い郊外まで住宅地が広がっていまして、都市圏北端のConroeから南端のGalvestonまで、距離にして140㎞もあります。同縮尺で東京圏を比べてみると、この通り、関東平野がすっぽり入るような広さです。

かくも巨大なヒューストン圏で、不動産投資の場所選びは、浸水リスク(低湿地が多いです…)、治安や学区、交通アクセス、物件価格と賃料のバランス等、多面的に検討しつつ選んでいく必要があります。これまで、日本市場で紹介されてきたヒューストンの物件は、現地目線からみて、ベストとはほど遠いものが多かったのです。

今回のセミナーでは「オーナー目線」に立ち、長期間持って良い物件を。安心度の高い、投資収益もあがる20~30万ドル台の戸建物件を、主に西部郊外Katy、Cypressエリアから、いくつか厳選してお届けいたします。

開催日時:日本時間 2021年10月30日(土) AM10:00~11:00 参加費無料

お申込み期限:日本時間 10月30日 AM9:00まで。
お申込み後、入力いただいたEmailアドレスへセミナー参加リンクをお送りします。
開始時間になりましたらアクセスをお願い致します。
iPhoneなどPC以外のディバイスでのご利用には、事前にZOOMアプリのインストールが必要になります。
ZOOMのご利用が初めての方は動作確認を事前にされることをお勧め致します。
開催まで1時間を切った場合はお問合せよりご連絡をお願いします。
※ご登録メールアドレスは、hotmail、yahooアドレス以外でお願い致します。
サーバーにて受信拒否される場合が多く、弊社からの返信や案内のご連絡が届かない場合がございます。

お申込みはこちらから


講演者
石井英理子 さん
テキサス公認不動産取扱士(ブローカーライセンス)

横浜市出身。短大卒業後、大手メーカーに就職、その後テキサス州ヒューストン大学に留学。卒業後、米国の保険会社に就職、海外駐在向けの保険の販売と海外駐在リロケーション部門を担当。

2005年から不動産投資に興味を持ち、ヒューストンの不動産投資クラブに入会。自身の不動産投資の為に2009年不動産セールスライセンス取得。その後、現地の日本人の方からの依頼などが増え、日本人の駐在員の賃貸のサポート、現地に住む方の家の売買、投資物件の売買を行う。

自身もヒューストンに投資物件を幾つか保持し、リモデルなどをして賃貸している。アジア不動産協会(ASIA REAL ESTATE ASSOCITION OF AMERICA)のヒューストン支部の役員も兼ね、アジア人の不動産関連のビジネスの強化にも努めている。