【ドイツ不動産】よくある質問

Q:ドイツ物件購入に融資は使えますか?
A:区分では使えませんが、一棟物件の購入には使うことができます。リコースタイプ、物件価格の4-5割、年利3-4%、期間15年、変動、30万€~というのが目安の基準です。
 
Q:購入時諸経費はどの位かかりますか?
A:不動産取得税、保険代、契約作成料、購入サポート料…全部あわせて購入金額の15%みておけば良いでしょう。
 
Q:購入手続完了後、どの位で賃貸がつきますか?
A:管理会社によれば、季節要因はあれど、マーケットに合った賃料で募集すれば、1~2か月内に入居者がつくことが殆どです。
 
Q:入居者はどのような属性の方になりますか?
A:ご紹介しているエリアは、所謂「ブルーカラー」属性の方が多い場所です。地元の工場や商店で働く方、小規模な商売をされている方で、お子様のいるファミリーが主な入居ターゲットです。
 
Q:治安・環境面はどのような感じですか?
A:シンプルな地方都市ゆえ、治安が極端に悪いことはありません、「フツー」です。(多少、要注意エリアがありますが、そこからの仕入れを避けています)。
 
Q:購入は個人名義になりますか?法人名義になりますか?
A:どちらもできます。
 
Q:快速減価償却は可能ですか?
A:日本の税法上、建物部分を約7年で償却することができます。
土地:建物の価格比率はは平均「30%:70%」程度です。(ドイツは土地建物は一体で評価するのが通常です)
 
Q:税務申告はどうなりますか?
A:日本とドイツ両方で申告の必要があります。
 
Q:御社に購入サポート料をお支払いした場合、何をしてくれますか?
A:購入手続き、初回家賃入金、初年度のドイツ税務申告までは購入サポート料の範囲内でお手伝いします(それ以降は別途、有料サービス)。
 
Q:何年間保有するのが良いですか?
A:長期保有して、ネット5~7%の利回を、10年以上取り続けるのがおすすめです。
 
Q:売却時に値下がるリスクはありますか?
A:新築が少なく需要過多の状態が続いている、リーマンショックの影響もほぼ無いまま経済成長を継続している、低金利等、不動産価格を下支えする要因が多くある為売却時の値下がりリスクは限定されると考えます。