6/11 無料オンラインセミナー「コロナ禍と地方都市民泊の可能性~金沢・能登」

日本の地方都市としてはトップクラスの人気観光地「金沢」。2015年の北陸新幹線開通以降、ホテルや古民家民泊の開業が相次ぎましたが、コロナ禍の直撃を受け、いま宿泊需要はどうなっているのか?今後ワクチン接種やインバウンド観光復活を見据え、どのような投資チャンスがあるのか?民泊オーナーと現地管理会社のコラボで、金沢および、同じ石川県内の観光地「能登」にフォーカスして語ります。

 

加賀百万石の城下町。江戸時代は江戸、大坂、京に次ぐ、全国第4位の都会だった時期もある「金沢」。戦後の高度成長期には、金沢を含む日本海側は発展から取り残されてきましたが、かつて日本を代表する都会だったおかげで「本物」が残り、兼六園、21世紀美術館、近江町市場、ひがし茶屋街、武家屋敷など、観光スポット多数。海鮮・和菓子はじめグルメの魅力も大きく、ポテンシャルは十分ありました。

2015年、北陸新幹線開通で東京まで2時間半で結ばれたことで金沢のポテンシャルが一気に開花、国内外で高く評価される観光都市に生まれ変わりました。ハイアットなど世界的ホテルブランドも金沢に進出し、伝統的な町家建築を生かしたゲストハウスも増え、和服レンタル、伝統料理体験、工芸体験などコト消費コンテンツも増え、21世紀美術館や国立工芸館もある、「ただ古いだけの街」から、「楽しさ満載の街」になりました。

セミナー講師(鈴木)も、金沢の価値を高く評価し、2019年3月に、金沢市内で明治築の古民家を改装したゲストハウスをオープンしました。

2020年、絶賛発展中だった金沢に、コロナ禍が襲いました。市内に開業予定だったホテルも軒並み延期・中止の憂き目にあい、特に海外観光客に頼っていた現地管理会社は総崩れになりました。特に緊急事態宣言中、主要観光地の客足は途絶え、閑古鳥が鳴きました。

その厳しい時期を、講師は現地の管理会社と力をあわせて、乗り切りました。コロナ影響下の時期、旅客収益がどのようであったのか、どのような工夫をしたのか、補助金や緊急融資も含めて、正直ベースで語ります。

その金沢は2021年春、早くもコロナからの出口を見据えた、市内中心部の宿泊施設開業が相次いでいます。従来型のホテルと違う、センスが光る先進的コンセプトの宿が多く、明るい未来を予感させます。すでに外国人の買い意欲は復活しており、古民家民泊も、売りより買いニーズの方が高い状況になっています。

そんななかで、セミナーでは金沢ならではの「古寺」や、そして能登半島の「港エリアの土地、古民家、600坪の山林などがセットになった売物件」など、ユニークな収益物件(素材)を紹介します。次の時代を見据えた「日本の地方不動産投資」と、その可能性を考えてみましょう。

参考動画【儲かるSDGs投資~金沢で古民家再生旅館を創った、ひとりSDGs男の視点と違和感】▼

開催日時:日本時間 2021年6月11日(金)16:00~17:00 参加費無料

お申込み期限:日本時間 6月11日 15:00まで。
お申込み後、入力いただいたEmailアドレスへセミナー参加リンクをお送りします。
開始時間になりましたらアクセスをお願い致します。
iPhoneなどPC以外のディバイスでのご利用には、事前にZOOMアプリのインストールが必要になります。
ZOOMのご利用が初めての方は動作確認を事前にされることをお勧め致します。
開催まで1時間を切った場合はお問合せよりご連絡をお願いします。
※ご登録メールアドレスは、hotmail、yahooアドレス以外でお願い致します。
サーバーにて受信拒否される場合が多く、弊社からの返信や案内のご連絡が届かない場合がございます。

終了しました

講演者:鈴木 学 (Manabu Suzuki)

約2500名の会員を擁する「アジア太平洋大家の会」会長、(株)国際不動産エージェント取締役。大学卒業後、ITエンジニアとして世界で活躍し、現在は不動産専業。現在世界6ケ国で不動産を所有・運用中。業界紙コラムの執筆や海外不動産セミナー講師の依頼も多い。

 

講演者:安藤 紫 (ANDO Yukari)
2016年(株)モンスーン企画設立。代表取締役。全日本不動産協会石川県本部理事、教育研修副委員長。石川県地域づくり協会コーディネーター。金沢空き家再生ひきうけ隊登録事業者。金澤町家流通コーディネート事業取引支援アドバイザー。金沢古民家勉強会会員。横浜生まれ東京育ち1999年より金沢市在住。

 

講演者:林 俊悟 (HAYASHI Shungo)
1986年生まれ。石川県金沢市出身。金沢大学卒業まで金沢で過ごし、2009年豊田通商入社。私立高校教員を経て、2016年4月「地域の為になることをしたい」と金沢市に帰郷。帰郷を機に夫婦で株式会社こみんぐるを創業。100年後も家族で暮らしたい地域を作る」をビジョンに様々な事業を展開。金沢市内で貸切宿『旅音/TABI-NE』を23棟経営。オンラインスクール『ローカルビジネスカレッジ』主宰。100年後の豊かな営みを考える安全で快適なエネルギーから自給自足する『現代集落』主宰。