2/12 無料オンライン討論会「高値の花シドニー不動産、お値打ちに買える街3選」

オーストラリアを代表する都市「シドニー」は、南半球で唯一、平米あたりアパートメント平均単価が1万USドルを超える街(坪350万円、東京やNYCと同カテゴリー)。でも詳しく見れば、ミクロな需給バランスや住宅開発のタイミングの妙味で、大変お値打ちな価格で買えることがあります。さらに、今はコロナ禍でデベロッパーから在庫が割安で放出される物件も出ます。「シドニーを買える最後のチャンス」かもしれません。

オーストラリア最大、500万人を超えるシドニー都市圏内では鉄道網建設が進み、クルマ社会ではありますが電車を使った都心アクセスの重要性が増しています。

他都市に比べて不動産価格は安くありませんが、以下の3つの駅に関しては、特殊事情によりお値打ち価格で買えるチャンスがあります。

1)ラウズヒル (Rouse Hill)

2019年に開通したばかりのシドニー地下鉄の終着駅近く、商業施設が整備された、環境の良い新興住宅地。シドニー中心部から北西方向へ45分。日本の田園都市線に似たイメージの高級住宅エリアですが、戸建ばかりで集合住宅の供給実績がないため、駅近で新築アパートメントが割安価格で出ています。

2)バンクスタウン(Bankstown)

シドニー中心部から南西方向、電車で直通25分。アクセス良く、昔から栄えている便利な街ですが、駅徒歩圏のアパートメントのほとんどが築古なので中間価格が安く抑えられ、駅近の新築アパートメントがお値打ち価格で出ています。

3)コガラー(Kogarah)

シドニー中心部から南へ、電車で直通20分の至近距離。海にも近く、空港にも近い、暮らし向きの閑静な住宅地。資産価値は高い場所ですが、コロナ期の特別安値放出で、今回お値打ちな値段で新築アパートメントが出ています。

 

それぞれ魅力あふれるシドニーの3つの街と、良質な物件、
不動産投資チャンスをセミナーでお伝えいたします。

日本時間:2021年2月12日(金)14:00~15:00 参加費無料

お申込み期限:日本時間 2月12日13:00まで。
お申込み後、入力いただいたEmailアドレスへセミナー参加リンクをお送りします。
開始時間になりましたらアクセスをお願い致します。
iPhoneなどPC以外のディバイスでのご利用には、事前にZOOMアプリのインストールが必要になります。
ZOOMのご利用が初めての方は動作確認を事前にされることをお勧め致します。
開催まで1時間を切った場合はお問合せよりご連絡をお願いします。
ご登録メールアドレスは、hotmail、yahooアドレス以外でお願い致します。
サーバーにて受信拒否される場合が多く、弊社からの返信や案内のご連絡が届かない場合がございます。

終了しました

パネラー鶴 美枝 (つる みえ)
グローバル インテリジェンス マネージメント 代表取締役
豪州国立大学ウエスタンシドニー大、法学部大学院卒。九州国際大学 法学部大学院卒 共に国際商法専攻。東陶機器株式会社 国際事業本部で筆頭専務など重役秘書に従事、その後100万部発行の編集長を経て退社。オーストラリアにて現地学生のTOP5%しか入学できない法学部にて、修士をおさめる。弁護士事務所勤務を経て2010年独立、ビジネス、法律、教育、投資不動産の4つを軸としてプレミアムサービスを行うビジネスコンサルタントとなり、日本の投資家の皆様のサポートをいたします。

 

講演者鈴木 学 氏
約2500名の会員を擁する「アジア太平洋大家の会」会長、(株)国際不動産エージェント取締役。大学卒業後、ITエンジニアとして世界で活躍し、現在は不動産専業。現在世界6ケ国で不動産を所有・運用中。業界紙コラムの執筆や海外不動産セミナー講師の依頼も多い。