講演内容

日本在住の方が海外の不動産を買う時、悩ましい問題は、「買った後の、税務申告をどうするか?」

海外、たとえばアメリカで不動産を買った場合、アメリカ現地で申告してくれる税理士さんは、たぶん販売業者さんから紹介してもらえるでしょう。

ですが海外不動産購入の難しさは、日本側でも申告しなくてはならないこと。個人名義で買えば個人の確定申告、国内法人名義で買えば法人の申告が必要です。日本の税理士は一般に、海外不動産の申告を嫌がる傾向にあります。なぜなら彼らは日本の税には詳しくても海外の税にはあまり詳しくないことが多いです。海外にある不動産にかかる税金の計算をどうするか、二重課税にならないためにはどうするか、そういう課題に直面した時、知識も経験も圧倒的に足りないケースが多くあります。

税理士法人ネイチャー国際資産税社は、「日本と海外どちらも詳しい税理士を揃えている」ことで急成長しています。実際、人材の層がとても厚く、「国際案件になると結局ネイチャーさんにお願いすることになる」とのお話をよく耳にします。

2019年11月、税理士法人ネイチャー国際資産税が、(株)国際不動産エージェントと本格的に協業することになり、記念セミナーを、東京、大阪、名古屋、福岡の4都市で開催することになりました。

セミナーでは、令和2年度の税制改正にて発表されました海外中古不動産の減価償却に関する改正の対策と注目すべき節税方法をご紹介いたします。

海外不動産オーナー・投資家だけでなく、税理士も同席していただけると大変有益だと思います。

セミナー概要

■東京会場
【日 時】1月16日(木) 18:30~20:00
【会 場】東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル5階 ( Google MAP→
【参加費】無料
【講 師】芦田敏之(税理士法人ネイチャー国際資産税代表)&市川隆久(国際不動産エージェント代表)

満席のため申込受付終了

■大阪会場
【日 時】1月16日(木) 18:30~20:00
【会 場】大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館7階 ( Google MAP→
【参加費】無料
【講 師】渡邉浩子(税理士法人ネイチャー国際資産税)&鈴木学(国際不動産エージェント副代表)

申込受付終了

■名古屋会場
【日 時】2月3日(月) 19:00~20:30
【会 場】愛知県名古屋市中区錦3-23-31 栄町ビル6F ( Google MAP→
【参加費】無料
【講 師】渡邉浩子(税理士法人ネイチャー国際資産税)&鈴木学(国際不動産エージェント副代表)


■福岡会場
【日 時】3月2日(月) 18:30~20:00
【会 場】福岡県福岡市博多区博多駅東1-33 はかた近代ビル1階( Google MAP→
【参加費】2,000円
【講 師】渡邉浩子(税理士法人ネイチャー国際資産税)&鈴木学(国際不動産エージェント副代表)

講師プロフィール

芦田敏之 (アシダトシユキ)

税理士法人ネイチャー国際資産税代表

国内および国際資産税の専門家として、富裕層の資産対策を中心に数多くのインターナショナル案件への対応実績を持つ。
歴史あるプライベートバンクや国内大手金融機関からの信頼も厚く、資産規模100憶を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「日本一富裕層を知る税理士」として注目を集めております。
近年は、働きやすい職場環境づくりの取り組みがメディアに取り上げられるようになり、 日本経済新聞や週刊東洋経済などへの紙面掲載の他、テレビ番組等にも多数出演している。


渡邉浩子 (ワタナベヒロコ)

税理士法人ネイチャー国際資産税

税理士としての業務歴約25年。大手税理士法人に勤務した後、米国勤務を経験。帰国後は税理士法人ネイチャー国際資産税にて、国内外の資産税を中心とした税務、相続、事業承継や自社株対策について多くの相談を受けるほか、お客様セミナー、企業内勉強会など年間約90件程の講演をこなす。


市川隆久 (イチカワタカヒサ)

国際不動産エージェント代表

25年間、不動産営業・マーケティング・商品企画に従事。その後海外不動産の販売に従事し独立。世界各国の不動産を視察、販売、セミナー講師を務める。
30年間のデバロッパー経験を活かし、独自の不動産マーケティング理論と組み合わせた分析を得意とする。27ケ国78都市の不動産を視察し現在も継続中


鈴木学 (スズキマナブ)

国際不動産エージェント副社長

世界7ヵ国で不動産投資・経営を実践、愛称「Manachan」。
一橋大学卒業後、ITエンジニア・マネジャーとして、日本、豪州、中国、米国、インドの5ヶ国で勤務経験。
海外在住経験は8年間。2002年、豪州シドニーで不動産を買い賃貸に出し、日本から遠隔管理して自信をつけたことを皮切りに、現在では、日本、フィリピン、オーストラリア、米国、タイに、不動産を所有・経営するグローバル大家。日本語、英語、中国語が、ほぼネイティブレベルでできる語学力と、ITを駆使した物件遠隔管理ノウハウを活かして、現在、主に東南アジアでの物件数を意欲的に増やそうとしている。


東京会場のお申し込み

満席のため申込受付終了いたしました。